事務所案内

事務所名:近畿FP事務所

代表:長尾公二(ファイナンシャルプランナー、宅地建物取引士)

所在地:〒541-0044 大阪市中央区伏見町4-4-9 淀屋橋東洋ビル3階

メール:nagao.kfpo★gmail.com(★を@に変更願います)

電話番号:050-5308-4682

 

代表プロフィール:近畿大学大学院法学研究科法律学専攻博士前期課程修了。証券会社

での営業職を経て、企業での経理職などに就いた後、教育やキャリア分野を中心とした

ファイナンシャルプランナー事務所を大阪市中央区にて営んでいる。

 

好きなこと:ノラ猫の観察

相談・講演・執筆・取材・コメントなどのご依頼について

相談・講演・執筆・取材・コメントなどのご依頼につきましては、

nagao.kfpo★gmail.com (★を@に変更願います)

にお問い合わせをいただければ幸いでございます。

まずはお見積りをさせていただきたく存じますので、ご遠慮なく

お問い合わせ願います。

無料で奨学金オリジナルレジュメのサンプルをお送りさせていただきます

無料で、弊所が普段の講演で使用している、奨学金オリジナルレジュメのサンプルを

PDFでお送りさせていただきます。

講演開催を検討されている、高等学校、大学、短期大学、専門学校の教職員様に

限ります。

 

件名:奨学金オリジナルレジュメサンプル希望

ご氏名:

学校名:

役職名:

メールアドレス:

その他ご要望・ご質問など:

 

以上を、

nagao.kfpo★gmail.com (★は@に変換願います)

にお送り願います。

結局、今年の弊所はどうだったのか?

楽しかったです。

しかし、せっかくのご依頼にもかかわらず業務が重なり、お請けさせていただけない

ことが多くありました(今年はとにかく多かったです)。

一人でしていることに限界を感じていて、どうしてゆくかが今後の課題です。

また、新規事業との兼ね合いをどうしてゆくかも課題であり、あれこれしている

うちに、毎日があっという間に過ぎてしまいます。

既に来年のご依頼や打診をいただいていて、新年早々仕事が始まるため、有難いものの

晦日も正月も仕事です。

今年もあと1日半、淡々と過ごしたいと思います。

【至急】大学・専門学校の奨学金ご担当者様へ 利率方式は変更することができることを学生に周知願います

日本学生支援機構貸与型奨学金の利率が上昇しています。

www.jasso.go.jp

利率が上昇しているため、見直し方式で申し込んでいたものの、固定方式に

変えたい学生がいると思われます。

日本学生支援機構では、変更できる旨をホームページに載せています。

www.jasso.go.jp

「変更を希望する場合は、必ず2022年11月中に学校へ不備なく届出を

お願いします。」とあります。

奨学金を申し込む際に、固定方式か見直し方式かを選ぶ必要がありますが、

変更できることを知らない学生や保護者が多いと現場で常々感じております。

学生が不利益を被らないよう、大学・専門学校の奨学金ご担当者様には

学生への周知をお願い申し上げます。

公営住宅の保証人制度はもう無理がある

www.nikkei.com

www3.nhk.or.jp

少子高齢化は今後更に進むため、もう個々人に頼るのは無理があるだろう。

保証会社などを利用してリスクに対応してゆくことが急務と思われます。