いい年した大人だって迷い続けている

進路が決まらないと悩んでいる高校生がいます。

しかし、迷い続けているいい年した大人が世の中には無数にいるので、その心配は

いりません。

不惑の四十」という言葉がありますが、四十を過ぎてもまだまだ迷っている、いや、

一生迷いながら生涯を終える人も多いのではないだろうか?

そんな大人がたくさんいるから、キャリアカウンセラーなんて職業もあるのだと

思います。

高校生に「進路についてしっかり考えよう」といっても、実際にはかなり難しいと

私は思っています。

もちろん、進路についてしっかり考えることは大切ですが、悩んで当たり前、ぼんやり

とした夢や希望で普通ではないだろうか?

高等学校卒業程度認定試験と奨学金

高等学校卒業程度認定試験高認)の受験生や保護者から、奨学金の相談を受けること

があります。

高校3年生や2浪までの場合、日本学生支援機構奨学金を予約採用で申し込むには、

在籍校や卒業校を通じて申し込むことになりますが、高認の場合は、日本学生支援機構

に直接申し込むことになります。

なお、給付型も同様です。

スカラシップ・アドバイザーにはできないものとは?

需要の変化に対応した講演や資料を受講者に提供できるように、見直し作業を行って

います。

過去に配布した数年分の資料を改めて見ていると、段々と細かくなっています。

もちろん、受講者にとっては、「シンプル」で「簡単」なのがベストなはずですが、

需要の変化に対応するには、どうしても細かくなってしまいます。

奨学金のネガティブな報道からか、良くも悪くも、質問の内容が「細かく、深く」

なってきている傾向にあります。

しかし、細かくするばかりではキリがなく、受講者としては「結局何なの?」となり、

講師の自己満足に陥るだけです。

ところで、スカラシップ・アドバイザー派遣事業が春頃から本格化すると思われます

が、弊所でも、既に各地から春の講演のご依頼をいただいております。

奨学金制度の説明だけに終わらない、「スカラシップ・アドバイザーにはできない

もの」を講演では行ってゆきます。

働きながら学校に通う

学校が、職場を斡旋することにより、働きながら通うことができるという制度が見られ

るようになりました。

労働力を確保したい企業と、高額な学費を維持することができるという学校の思惑が、

一致したことによるものだと思います。

効率が良く、職業意識を高めることにつながり、インターンシップも兼ねているため

理想的ではありますが、新聞奨学生と同様に「甘くはない」ということは覚悟しておく

必要があります。

そのため、先輩の状況などは、念入りに確認しておくことが求められます。

ファイナンシャルプランナー自身のファイナンシャルプラン

スカラシップ・アドバイザー派遣事業の資料にある、「生徒に自らのファイナンシャル

プランを意識させる」という箇所を読んでいて、ふと思った素朴な疑問なのですが、

ファイナンシャルプランナー自身のファイナンシャルプラン」って、どうなのだろう

と思いました。

私のファイナンシャルプランですか? うーん…というのが実情です。

自治体の奨学金で損をしない、不利にならないためには

自治体によっては奨学金制度を設けていることがあります。

しかし、ホームページを見ても、「どこにあるのかわからない」ことがあります。

高校でも、生徒や保護者への情報提供には、かなりの温度差があるのが実情です。

貸与型が多いものの、給付型も見られますし、増えてゆくことが予想されます。

損をしない、不利にならないためにも、自分から積極的に探すことが必要です。

学資保険と受験スケジュール

学費の準備の手段として、「学資保険」があります。

しかし、長期の不況で、それどころではなかったというご家庭をお見かけすることが

よくあります。

しかし、それでもポピュラーな金融商品であり、奨学金や教育ローンとの兼ね合いに

ついて相談を受けることがあります。

ところで、AOや推薦が入試の主流になりつつあり、早期に行われることから、納金の

時期も早くなります。

そのため、契約している学資保険について、保険会社に確認や相談をしておくことが

求められます。

また、受験スケジュールが変わっていないかといったことも、定期的に確認しておく

必要があります。