喋る高校生への対処法

講演中に喋る高校生がいることがあります。

しかし、私が高校生だった、20数年前の頃と比べれば、随分と行儀が良くなっている

というのが実感です。

幸いなことに、高校生が喋って講演にならなかった、トラブルになったという経験は

一度もありません(「いい年した大人」が受講者である職業訓練の方が問題があったり

する)。

真面目に、真剣に聴いてくれる高校生がほとんどです。

しかし、極々稀に、喋る高校生がいることがあります。

その場合は、注意せず「当てる」ことにしています。

感想を聞いたり、どう思うか、などです。

不思議なことに、そんな喋る高校生が書いてくれた感想文を見ると、ちゃんと講演の

内容を理解していたりするのです。

舞い上がることと緊張の違い

「講演で舞い上がることはないのか?」と聞かれることがあります。

しかし、私は生まれて初めて講演をした際でも、舞い上がることはありませんでした。

舞い上がらない方法についても聞かれることはありますが、考えたことがないので

よくわかりません。

しかし、緊張をしなかったことは一度もありません。

職業訓練校への勘違いと幻想

失業者を対象とした職業訓練校があります。

職業訓練校では、在校中に再就職先を見つけ「中退しなければならない」ように

なるのがベストです。

講師(上司)や同級生(同僚)が嫌なこともあるでしょうが、それも「訓練」で

あり、耐えられず、文句を言っているようでは、たとえホワイト企業であっても

働いてゆくことはかなり難しいと言えます。

居心地が良いようでは駄目です(生活保護も同じ)。

あと、職業訓練では、実務を身に付けることはできません。

実務は、「働くことでしか得られないもの」だからです。

学費の保険

失業や病気などで、子供の学費や下宿代などが払えないリスクに備える

「学費の保険」のような制度があれば良いのに、と思うことがあります。

張り紙の多い会社や学校は

従業員や学生のモラルが低いことが考えられます。

また、上意下達な文化があるかもしれません。

いずれにせよ、過ごし難い組織ではあるだろう。

実績が無くても講師になる方法

「講師になりたいが、どうすればなれるのか?」といった質問や相談を
受けることがあります。
「講師養成講座」もあったりしますが、私は受講したことがないため、
効果についてはわかりません。
ところで、講師には「実績」が求められます。
主催者の立場からすると当然のことです。
実績が無い志望者は、主催者に問い合わせを繰り返し、門前払いを受け続け、
とうとう諦める…。
しかし、「受講者になる」ことはできるはずです。
受講後などに講師と名刺交換、メールアドレスが載っていることがほとんど
のため、アンケートを書いたからといっても、その日のうちにメールで感想
を書く(自主セミナーでもない限り、アンケートは主催者が保管します)。
SNSも良いかもしれません。
普通の講師なら、悪い気はしないはずです。
大切なのは、「自分は何ができるのか」を簡潔に書いておくことです。
講師には、専門外の依頼もあったりします。
その講師でなければならない場合もありますが、「誰か知り合いはいないか?」
といった意味を含んでいることもあります。
そのときに、「そういえば…」となる可能性があるのです。

給付型奨学金についての大学と保護者のズレ

保護者と話していると、意外と貸与型の奨学金について否定的ではないことが

多く、給付型の奨学金は「学費や生活費の足しになれば」というくらいのお気持ち

です。

予約採用型をはじめ、多くの給付型奨学金は、「貰えたらラッキー」くらいのもの

であり、あまり当てにはできないのが実情です。 

保護者が求めている、「卒業までのサポート体制」を前面に出す大学を、不思議と

あまり見かけません。

各大学では、給付型の奨学金を競うように創設していますが、「保護者の気持ち」

を意識する必要があると思われます。